和製英語にご注意!(その9)

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第9弾です。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako:              Kate, I want to learn how to speak English better.  Can you teach me man-to-man?

Kate:     Man-to-man???????  Mmmmm… Let me think…..

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

man-to-man日本語では、「マンツーマンレッスン」は「一対一」や「一人に一人が対応する」という意味で使われることがありますが、正しくは、「one to one」「one on one」または「private lesson」を使いましょう。

ただし、man to manという表現は実際存在します。状況によって「一対一」「率直に」という意味があり、次のようなときに使います。

1)スポーツ(特にバスケットボール)で一対一でのディフェンス(man-to-man defense)、

2)男同士一対一で腹を割って話し合うとき(man-to-man talk)

 

ハイフンが入る・入らないは、表現の後に名詞がくるか・こないかで使い分けます。“Please teach me one to one.”  / “I prefer  one-to-one lesson.”

 

このハイフンのルールは、こんなときも適用します。

I may look old but I’m only 20 years old.

I may look young but I have a 20-year-old son.

コメントは受け付けていません。