英語の理解への「近道」

日本語と英語とは「語順」が異なるということは、単に語順が異なるという知識をもつことではありません。英語を口にしている私たち日本語話者は、日本語話者であることを忘れないでいるかぎり、いつもどこかで、へんだなあ、落ち着かないなあと感じているはずです。逆に言えば、気持ちはいつでも日本語話者の気持ちに戻りたがっていると言えるのではないでしょうか。それを乗り越えるには、英語話者になったかのように英語を表現するしかありません。

コアの小学生コースでは、教材の物語作品で英語劇活動を行います。登場人物になりきってセリフを上手に言う生徒たちの表現力の先にこそ、英語の理解への「近道」があると思います。つまり、英語を話す人の心のあり方、主語を設定し、語順で意味を確定する表現スタイルの追体験を抜きにして英語を理解することは不可能でしょう。このことは文法の知識は不要ということでは決してありません。むしろ、知識を血肉化するためにこそ、真に迫る再表現は必要なのです。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。