英語を学ぶということ

英語を学ぶということは、同じ出来事を異なる感性、視点で表現していることに気づき「驚く」ということを意味するのではないでしょうか。私たち日本人の感性を大事にしつつ、別の感性を持つ英語圏の人たちがいることを理解する。英語がわからないのは当然であり、だからこそ学ぶのだと言えるでしょう。想像力というのは、この異なる2つのものを結びつける橋を架けることだと言えなくもありません。英語と日本語とは本来的に一対一に対応しているわけではないので、そのままに訳せないというのがほんとうです。単語一つ一つ、文章の一つ一つの訳をするときに、辞書の訳にこだわらず、この想像力で橋を架けることに挑戦してみたいものです。

英語表現の形式はその言いたいことと一体ですから、文法形式の本質をつかむためにも精読は不可欠だと言えるでしょう。一方、音読はこうした試みが難しくても、直接に内容をつかむ訓練になりますから、上手に真似をして、語り手の気持ちやイメージを音から汲み取ることが、やはり欠かせません。ちょうど日本の茶道や華道と呼ばれる世界のように、型を真似している内に、その中身をつかむという修練と似ていると言えるでしょう。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。