2009 年 7 月 のアーカイブ

コアとの出会い、人とのつながり

2009 年 7 月 3 日 金曜日

コアとの出会いは、テューターからのご紹介でした。
立て続けに病院のお世話になり自宅でのんびりしていたのですが、自分のペースで働けそうだと思い、説明会に参加しました。当日、午後は私だけ。大学受験や英語学習について、エネルギッシュな芝田さんと山口先生にそれぞれ1対1で伺う羽目になり、これは困ったことになったと思ったことを覚えています。もしコアを始めるなら、今時の中学生がどんな風なのかという漠然とした不安もありました。

それまでコアの存在は知らなかったのですが、本部に伺ってみると、キビキビした先生たちと教室の活気に驚かされました。30年以上コアが続いているということにも感心し、何よりコアの商品「コアの英語教育」を誰もが心の底から自信を持って売っているということに驚きました。自分が今まで働いてきた場所ではそのような経験は無かったからです。

教え始めてから当分は2時間半の濃密さに疲れきるし、反省ばかりで風呂でうなっていました。「数ヶ月でベテランの先生と同じことできるわけ無いじゃん。」という家族の言葉に納得し、小さな目標を作ってはクリアしていく日々でした。
悩みが深い時は、他の先生と受ける講習(と、その後のランチ)が一番の特効薬でした。並木先生から何度か言われた「好かれなくてもいいのよ、信頼されれば」という言葉は教える回数を重ねるごとにうなずかされています。

先日、嬉しい出来事がありました。研究会にてあるテューターに、どこかで見覚えが。このテューターさん誰だっけ。気がつくと先方も私をちらちらとご覧になっています。頭の中でパチパチと火花が(ほんとに見えた!)。なんと中学の英語の恩師ではありませんか。
ほぼ20年ぶりの再会でした。メールアドレスを書いたメモを渡すと、私の筆跡を『懐かしい』とおっしゃってくださったのも驚きでした。

自分が習った先生と同じステージにいるというのはなんとも不思議な気分です。教わっていた頃の先生の年齢を私がとうに超えており、これまでは先生と生徒でしたが、これからは、同じ立場で先生といろんなお話が出来そうです。当時同級生と影で呼んでいた「○○ちゃん」というあだ名でうっかり呼んでしまいそうですが。

(開設2年 本部講師)
hana