2009 年 11 月 のアーカイブ

開設2年目 鷺沼駅前教室。

2009 年 11 月 24 日 火曜日

コア英語教室鷺沼駅前校の中野と申します。
教室を開設して1年が過ぎました。かわいい(?)生徒達の為に日々、指導に研鑽にいそしんでおります。
東急田園都市線沿線という、教育熱が高いと噂される地域で教室を始めたのですが、やはり親御さん・生徒さんの関心が非常に高く、開設当初から多数の問合せがありました。
鷺沼駅周辺は塾が密集しているのですが、そんな中でもコアのチラシに何かありきたりでないもの、新しいものを感じるからだと思います。体験授業で教室に来てもらって、実際に語順訳を体験してもらうと、親御さんから「斬新ですね」「これなら効率よく英文を理解できますね」というような声が聞かれます。
語順訳というのは、返り読みをなるべくしないで英語を英語の順番で解釈していく、という手法です。「頭から訳していく」という方法論は巷でもよく聞かれますが、音声を含む教材と実践レベルでの教授法を駆使してここまで体系化された指導法はコアの他にないでしょう。私も、初めて語順訳を紹介してもらった時には新鮮な驚きを感じましたが、私やご両親の世代は当時の学校英語・受験英語で返り読みが主流だっただけに、コアの手法に衝撃を受けるのでしょう。
語順訳を中心に音声を含む教材を駆使して英語に慣れていく、というのが他にないコア独特の手法であるのは確かですが、だからといって英文法や単語力の分野をないがしろにするわけではありません。
英語の構造を身につける上で文型や品詞の理解は不可欠です。ただ、そればかりに時間を割くのは実は効率が良くないのです。理屈だけを追ってもなかなか実力がつくものではありません。語順訳と並行して文法を学ぶ事によって、英文解釈・英作文など問題を解く力は、断然早くしかも確実についてきます。

大学受験・高校受験・英検・定期テスト・成績アップなど、生徒達が直面している目標・課題は様々です。ですが、小手先の安易な方法にすがるのではなく、しっかりと確実な実力をつけていってもらいたいものです。

現時点で様々な生徒が通って来てくれています。
某附属私立中学2年生のAさんは、学校や一般の塾の英語に物足りなさを感じていて、今年の4月にコアへ入会しました。コアの学習法と相性があっているようで、グングン力をつけています。来年1月には英検準2級に挑戦です。
進学校の私立中学へ通う中2のBさんは、2月に入会した時点では一般動詞とbe動詞の区別もままならなかったのですが、定期テストで8割近くの点数がとれるようになりました。テスト毎にクラスの入れ替えがある厳しい環境の中で、ついに、トップのクラスに入る事が出来ました。
今年4月に入会した小6のC君。もちろん英語に触れるのは初めてでしたが、今では自己紹介も出来るし、教材の物語をスラスラ英語で読んでいます。毎週会っているので驚きはないのですが、良く考えるとすごいことだと思います。
開設当初の初めての生徒である公立中2年のD君。最初は今年の1月の英検4級からのチャレンジでした。6月には3級、10月には準2級と着実にステップアップしています。今は準2級の2次試験の結果待ちで、既に来年1月には2級挑戦を宣言しています。入会当初は、わずか1年で2級を受ける事になるとは思いませんでしたが、中2で2級をとれたらすごいですね。もちろん学校のテストはほとんど満点です。

現在、1クラス4名という授業で小学生は2時間、中高生は2時間半という時間でやっているのですが、最初は時間が長すぎて、生徒の集中力が持つだろうか、という不安がありました。でもほとんどの生徒が休憩もいらない、というような勢いで積極的に学習しています。コアのやり方で始めるまでの私の指導経験からすると、考えられない事です。語順訳やCDのスラッシュリピートなど、バラエティに富んだ学習で飽きないせいもあるでしょう。文法理解の速度も速くなるので、問題集を解くのも苦にならなくなるようです。わずか1年で成果を出している生徒はたくさんいますが、客観的に考えてもこれはすごいことだと思います。

最強の学習法を試してみたい、という方は、是非、お問合せください。一人でも多くの方が「語順訳」を体験し、英語力アップの武器を持ってもらいたいと思ってます。

また、これからコアの教室をはじめてみたいと思っていらっしゃる方も、是非テューターオリエンテーションでコアの英語教育に触れてみてください。

コア鷺沼駅前校 中野明
nakano
鷺沼駅前校ホームページ