2015 年 12 月 のアーカイブ

「’」アポストロフィの使い方、間違ってませんか?

2015 年 12 月 25 日 金曜日

CORE「English Library」“THIS AND THAT” 〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

使い分けに迷う英語表現、間違いやすい英語表現など、知っておくとちょっとためになる「英語のあれこれ」をお伝えしていきます。

今回は

「’」アポストロフィの使い方、間違ってませんか?

簡単そうで意外と間違えてしまうのがアポストロフィ (apostrophe)の使い方。

「’」の間違い探しをしてみてください。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako: Kate, can you check my English speech?  The title is “The Beatles.” My parents are Beatles fan.

Kate: Alright, Hanako.  Let me read your script.

 

(Kate reads the speech aloud.)

My parents love the Beatles.  The Beatles were a British rock band and were popular in the 1960’s.  “Let It Be” was written by Paul McCartney, “Imagine” by John Lennon, but “She Loves You” was John’s and Paul’s work.  “Beatlemania” was a new term to describe their fans.  The Beatles broke up in 1970.  They have been loved for over fifty years.  In 1988, many of The Beatles’s albums became CD’s.

In 1963, John Lennon lost his guitar at a Christmas show.  After fifty years, the guitar was found and this month, it will be sold for auction.  The price will be between 9 million yen and 14 million yen!  People say that will be one of the most important guitars sold for auction!

 

Hanako: Kate, I couldn’t spell the word “Beatlemania.”  How many “as” are in that word?  And 14 million yen, how many 0s?

 

*….in the 1960s /….became CDs (年代や大文字を複数にする場合、アポストロフィは付けない。ただし、’60sも可。 …in the 1960’sも見かけるが1960sが一般的 。大文字の場合、 two DVDs, three CPUs, four CEOsとする。もし所有格として使う場合は「’」を使う —CEO’s opinion/ CEOs’ opinion。 またI.D.などピリオドが使われた省略文字を複数にする場合は例外的に「’s」とする—check our I.D.’s)。

*….John and Paul’s work(「AとBの…」所有格はBのみに)

* …..how many as are in…? (how many a’sまたは “a”sとする。単語の「as」と区別するため) *….The Beatles’ albums  (固有名詞がsで終わる場合、その所有格は「’s」または「’」のどちらでも良い。例えば「Charlesの本」なら「Charles’s book」でも「Charles’ book」でもよい。ただし、The Beatlesの場合、The Beatles albums/ The Beatles songsなど、アポストロフィが使用されないことが一般的。)

*….How many “zeros” (数字を複数で表す場合のルールは、11以下の場合はその数字をつづり、それ以上の場合は「11s」と数字+sを用いるのが正式のようです)

冬季休業日のお知らせ

2015 年 12 月 21 日 月曜日

誠に勝手ながら、12/28(月)~1/1(金)は冬季休業とさせていただき、年明けは1/4(月)より営業いたします。

上記期間中にEメールでいただきましたお問い合わせにつきましては、1/4(月)より順次対応させていただきますので、予めご了承くださいませ。

ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

渋谷本部校は1/4(月)より通常授業及び冬期講習が再開します。1/5(火)6(水)中学入学準備、7(木)英検対策他、冬期講習の追加募集も行っています。新学期が始まる前にしっかり準備しましょう。

(渋谷本部校0120-86-4886 平日午前10時〜午後5時)

文法知識の獲得法

2015 年 12 月 14 日 月曜日

構文を徹底的にスピークアウトし、身体に覚えさせることで、多くの生徒にとって文法知識を自分のものにすることが可能になるように思われます。また、高校生は中学生とは異なり、文法を大まかにわかれば良いという段階ではありませんので、わかりやすい解説のある文法教材が不可欠と言えるでしょう。

コアでは、小5から文法教材を使用します。語順訳でテキストを読み解く際に、オリジナル教材の『英文法』で、テキストに出てきた文法項目に繰り返しあたり、文法知識を強化していきます。高校生になると、他社の文法教材も併用します。

渋谷本部校では、数件出版の『チャート式基礎からの新々総合英語』または旺文社の『基礎英文法問題精講』を使用しています。『チャート式~』は初級学習者にもわかりやすい解説が魅力。CD付で音声学習にも適しており、例文の暗記やディクテーションにも使い込める教材です。基礎力がしっかりついている生徒は、入試問題から厳選された良問で構成された『基礎英文法問題精講』を使用し、難関大学の入試まで対応できるようさらに知識をつけていきます。

12/19(土)には、冬期講習の一講座として高校生対象の「文法補強」講座を実施します。上記教材を使用し、文法項目の理解度を1課ずつテスト形式でチェックし、なぜその解答になるのかをしっかり説明できる文法知識を身につけます。

お問合せは渋谷本部校まで。(0120-86-4886 平日午前10時〜午後5時)

「be」と「become」 どちらも「〜になる」

2015 年 12 月 7 日 月曜日

CORE「English Library」“THIS AND THAT” 〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

使い分けに迷う英語表現、間違いやすい英語表現など、知っておくとちょっとためになる「英語のあれこれ」をお伝えしていきます。

今回は

「be」と「become」 どちらも「〜になる」

同じ意味ですが、使い方を間違えると大変なことに! 次の英文を読んで、何がいけないか考えてみましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako: Kate, cute baby!

Kate : Thank you, Hanako.  She’s lovely, isn’t she!

Hanano: Yes.  She will become beautiful when she grows up!

 

花子は「彼女は大きくなったら美人になるでしょうね」と言いたかったのでしょうが、“become” には「〜になる」という「変化」に重点があるため、この英文だと「今は美人ではない」と聞こえるので失礼にあたります。一方、“be” には「〜になる、〜になっている」という「状態」に重点があるため、今も美人、将来も美人になっている、と言いたいのだから、ここは “be beautiful” と言うのが正解。

中学英語で「将来は歌手になりたいです。」を英作する場合、多くの教科書は “I want to be a singer in the future.” と教えます。これを “I want to become a singer in the future.” としても決して間違いではありません。この違い、前者は「将来になったら歌手である」という「状態」を望んでいて、後者は「将来は歌手になる」という「変化」を望んでいることになる。将来の夢を語るとき、どちらがより英語的表現かというと、  “I want to be a…”、前者です。なぜなら今は現実ではないが、「そうなっている」という「状態」を頭に思い描きながら話すからです。

ちなみに、英作問題でやっかいなのが、前後関係でしょう。全体性のある英文なら前後関係もある程度読みとれるので英作しやすいでしょうが、和文一文しかない場合の前後関係はいろいろな状況が想定できるため、複数の表現があっても不思議ではありません。

コア甲府教室 冬期体験講座開催

2015 年 12 月 1 日 火曜日

コア甲府教室では、小4~大人を対象とした体験講座、コア式語順訳講座を開催します。

12月23日(祝)   2016年1月11日(祝)
会場:コア甲府教室 甲府市天神町3-9-103
(時間はお申し込みにより調整いたします)
参加費無料(但し、申し込み制です)
定員 各日程4名(申し込み順)

プログラム
(1)コア英語教室についての紹介
(2)コア式語順訳の体験
(3)甲府教室のごあんない(入会決定は後日で結構です)

お問い合せ:
070−6671−0331

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。