2016 年 1 月 のアーカイブ

英検のリニューアル

2016 年 1 月 25 日 月曜日

昨日1/24(日)は、2015年度第3回英検の一次試験実施日でした。コア英語教室渋谷本部校も英検の準会場として、5級~2級の一次試験を行い、延べ21名が受験しました。中1生が多数、4級に挑戦しており、結果が楽しみです。

なお、今年6月実施の2016年度第1回検定から、試験内容が大きく変更される予定です。リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能をバランスよく習得することを目的に、1級と準1級のみが対応していた4技能を問う試験内容を、全ての級に拡大していきます。その手始めに、第1回検定では2級にライティングテストが加わり4技能化、4・5級にスピーキングテストが加わり3技能化することが発表されています。

2級ライティングの問題は、「技能としての英語のみならず、日頃の生活や学習を通じて身に付けた知識の活用を求め、受験者は与えられたトピックに対し、意見とその裏付けとなる理由を適切な語彙と文法を使用しながら英文で論述する能力が試されます」(「 」内は日本英語検定協会プレスリリースより抜粋、以下同様)。「These days, some people buy things on the Internet. Do you think more people will do so in the future?」というトピックに対して、80~100語で論述するという問題例が掲載されています。さまざまな話題について英語で意見が言えるように、日頃からテーマを決めて考えてみる、使用しそうな単語を調べるなど、意識的に準備するとよいでしょう。

4・5級のスピーキングテストは、上位級を目指す励みとして申込者全員に受験機会が与えられます。コンピュータ端末を活用した録音形式で、1年の期限内に1回受験できるもので、級の認定とは別に合否が判定されます。上手に活用してスピーキングに慣れておけば、上位級の面接委員との対面式テストでも緊張せずに話せるようになりそうです。

6月に2・4・5級を受験する人は、3月に発表される最終要項をチェックして、新内容のテストに挑みましょう。

おおまかにイコールな世界

2016 年 1 月 18 日 月曜日

語順訳も翻訳も、英語に対しておおまかにイコールな世界であるということを肝に銘じるべきでしょう。

身体の部位にしても、各種の色にしても、社会的な諸概念もそれぞれの国、民族、文化などを背景に持っているのは言うまでもありません。それを理解するために福沢諭吉を始め明治の人々は苦労して日本語を作ってきました。しかし、日本語、特に漢語で新たに言葉を作っても、古典からの熟語を転用してきても、それまで日本になかったものに名辞を与えるわけですから、私たち日本語話者には、その漢字のイメージに縛られる部分がかならず生じます。それは現在でも変わりません。翻訳すればそれはイコールなのだ、という幻想をつい持ってしまいます。He=「彼」とあてはめたのですから、そう訳すしかありませんが、heと口に出す場合と、私たち日本語話者が「彼は」と言う時とは心の在り方が決定的に異なります。なぜなら「彼は」という使い方はあまりせず、山田さんは、あいつは、お父ちゃんは・・・というような表現世界にいるからです。だから「彼は」と日本語を思い浮かべるのではなく、heの世界へとのめりこむこと、そのアクセスをいろいろ試みることが最重要となるのです。単語であれ、構文であれ、テキストであれ、日本語を伴っている限りはいつも英語の手前、此岸にいることになります。

これからの英語力は運用できる英語、国際社会でコミュニケーションを図るための英語と位置付けるなら、その差にいつも気を付けることが求められるでしょう。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

知っておきたい イディオム! (その1)

2016 年 1 月 12 日 火曜日

CORE「English Library」“THIS AND THAT” 〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

使い分けに迷う英語表現、間違いやすい英語表現など、知っておくとちょっとためになる「英語のあれこれ」をお伝えしていきます。

新年度 最初は:

知っておきたい イディオム! (その1)

ネイティヴは会話の中によくイディオム(慣用語。成句)を使います。第1回は今年の干支「猿」を使ったイディオムを紹介しましょう。

 

1)“Monkey see, monkey do.” 猿は人の動作を見て、まねます。つまり「猿まね」のことです。

使い方:My baby son copies every silly action he sees on TV.  It is monkey see, monkey do for him, and he loves it!

 

2)“monkey business” とは「いんちき」「いかさま」「おふざけ」「いたずら」などの意味です。

使い方:It’s time to take your homework seriously and forget all the monkey business.

 

3)”monkey around with ~”。〜で無駄に時間を過ごすときに使う表現です。

使い方:Stop monkeying around with your smart phone and get back to studying for the exam tomorrow.

 

4)”have a monkey on one’s back”。あまり縁のない表現かも知れませんが紹介しておきましょう。直訳するとこんなイメージになります。

monkey-back

「背中にサルを背負っている」。面白いですね。この表現は「麻薬中毒だ」と意味することがありますが、「我慢しなければならない大変は重荷や負担がある」ときに使う表現でもあります。

使い方:

Tom’s got a monkey on his back!  He must see a doctor immediately.

That huge loan is a real monkey on my back.

「その先」の英語教育を目指して

2016 年 1 月 4 日 月曜日

明けましておめでとうございます。

世の中では盛んに2020年に向けての英語教育が叫ばれています。小学生における英語の正課への移行(2018年)、中学・高校における英検目標や、話す、書く英語についても今まで以上に活発化していること、将来の大学入試と外部検定重視の状況など、教育環境が大きく変わろうとしています。

東京都を始め各地方自治体も独自色を出して、使える英語力を育てようと躍起になっている様子がうかがわれます。学校によっては全校生徒が英検に取り組み、成果を上げている学校もあります。立川市には小中高一貫の公立学校で英語の特別な取り組みを始めるところがあります。また東京都は英語村の構想を発信しています。一方では、70%以上の国公立の高校3年生は中学生の学力しか無いという調査結果があります。

こうした状況を踏まえると、今後学力格差がより広がる可能性があるように思えます。学習全般にわたってよりきめ細かな対応が必要になってきていることは否めません。私たちも現状に満足すること無く、常に「その先」を目指してまいります。

2016年もよろしくお願いいたします。