2016 年 9 月 のアーカイブ

渋谷本部校 大人コース

2016 年 9 月 26 日 月曜日

学生時代に習った英語はもう忘れてしまったけれど、「時間ができた今なら楽しみながら学べる気がする!」「急に仕事で必要になったのでどうにかしなければ!」「久しぶりに勉強して資格試験にチャレンジしてみたい!」など、大人の方が英語を学習するニーズはさまざまです。

コア英語教室渋谷本部校の大人コースは、「音読」と「語順訳」を用いて、受講者の目標や開始時の英語力に応じ、個別にカリキュラムを作成します。

音読は英語力アップにかかせませんが、その効果ややり方がよくわからないと、いざ始めてみてもなかなか継続が難しいものです。音読が英語学習の常識になるずっと前、1974年の創設時から音読を取り入れているコア英語教室では、練習の仕方から丁寧にお教えします。音をかたまりでとらえて読む「スラッシュリピート」の練習に始まり、シャドーイング、暗唱と音読のレベルが上がるにつれ、リスニング力もぐんぐん伸びていきます。毎週のクラスで疑問点を解消し、発音のチェックやアドバイスを受けることで、しっかり身につきます。文法を一つ一つおさらいすることも大切ですが、音読で英語感覚を身につけることが英語習得の何よりの近道となります。

英語を前から訳していく語順訳については、こちらをご覧ください。

英語を一からやり直したい方、ステップアップしたい方、まずは音読から楽しく英語にふれたい方、中学英語もさっぱり覚えていないという方でも大歓迎! じっくり学習に取り組むのに最適な秋、新しい挑戦を始めてみませんか。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

渋谷本部校 低学年クラス

2016 年 9 月 20 日 火曜日

渋谷本部校で6月より新設した低学年クラス。1カ月後に英語劇の発表会を控え、いよいよ練習も佳境です。

コア英語教室の英語劇とは、物語を英語・日本語で吹き込んだ教材を何度も聞いて、聞いたとおりに言えるよう音読を繰り返し練習し、さらに動作を伴って発表できるようにするもの。クラスでは、各生徒の上達具合に合わせて講師がフォローし、無理なく楽しく練習しています。

はじめはCDのお手本通りに読むことが難しくても、教室や自宅でスポーツ感覚で繰り返し練習しているうちに、どんどん上達していきます。保護者の方からも、発音が見違えるほど良くなったといううれしい感想をいただきました♪

読む・聞く・書く・話すの4技能が求められるのが当たり前になりつつある流れの中で、音の学習なくして真の英語力向上はありえません。英語独特の音を柔軟に習得しやすい低学年のうちから、楽しみながら英語に取り組み、高学年での語順訳と文法学習に向けて、音の基礎をつけておくことが、今後の英語学習の大きなアドバンテージになります。

渋谷本部校の低学年クラスはあと若干名受け入れ可能です。小学校で英語が必修化、教科化される2020年度に向けて、低学年から準備することをお勧めします!

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

和製英語にご注意!(その1)

2016 年 9 月 12 日 月曜日

 

CORE「English Library」“THIS AND THAT” 〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

使い分けに迷う英語表現、間違いやすい英語表現など、知っておくとちょっとためになる「英語のあれこれ」をお伝えしていきます。

和製英語にご注意!(その1)

日本語には英語だと思って使っている表現が多く存在し、 ネイティヴスピーカーにそのまま言っても通じないものがたくさんあります。そこで同じ意味を持つ正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako:  Kate, let’s turn on the air con.  It’s very hot today.

Kate:  Air con? What do you mean?

 

air con: 正しくは an air-conditioner

「エアコン」は和製英語です。日本人は「冷房」のことを「クーラー」ともいいますが、英語のcoolerは「冷却器・アイスボックス・刑務所」などを指します。

英語のair-conditionerは「冷房」を指すので、「暖房」にはheaterを使いましょう。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

 

単語暗唱会終了

2016 年 9 月 5 日 月曜日

5時間×2日間という長丁場でしたが、参加者は集中して取り組み、充実した時間となりました。「45秒で3ページを目標に、英単語の発音と意味を確認する」テスト方式(タイムトライアル方式)がはじめての生徒も多く、最初はみな悪戦苦闘していましたが、目標単語数を各個人で設定しそれに向かって必死に取り組んでいく間に発音やスピードに慣れていきました。まだ単語集の暗記に入っていない生徒は、まず発音をしっかり身に付けるために「テキストを見ながら英単語とその意味を読み上げる」デビュー戦方式で進めました。徹底的に発音・アクセントの指導を受け、スピードを意識し、今後の新しい単語学習への大きな一歩を踏み出せたのではないかと思います。また、何度も参加している生徒の中には、1日で単語集1冊(1810語)を達成する人も! 周囲にとっても、いい刺激になりました。

単語暗唱会16

 

参加者の声(抜粋)

◆疲れました…。でも良い経験になりました!! 速くなりました!

◆高2で入ったときは1週間に200語覚えることで精一杯だったが、今回は5時間で900語も覚えることができて、実力がついたことを実感した。

◆暗記は好きなので楽しかった。発音を意識するのが大変だった。今度やるときはもっと進められるようにしたい。

◆目標には達しなかったが、全力でがんばれた。今日の努力がムダにならないように今後も単語の勉強をがんばっていきたい。

◆長時間集中力を継続的に保つという日頃なかなかできないことができ、良い経験になりました。

 

単なる意味の暗記にとどまらず、リスニングやスピーキングにも役立つ力がつく方式です。次回は冬期講習で実施予定ですので、是非より多くの方にこの単語暗唱会の良さを実感してもらいたいと思います。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。