2016 年 10 月 のアーカイブ

テューターオリエンテーション

2016 年 10 月 31 日 月曜日

コア式英語教授法で教室を開くことに興味をお持ちの方を対象としたテューターオリエンテーションを、随時個別に開催しています。

「説明会」ですから、試験もなく、料金も発生いたしません。

コアの英語教授法にご興味をお持ちの方は、まずお話を聞きに参加してみてはいかがでしょうか?

詳しくは0120-86-4886(渋谷本部校/フリーダイヤル)までお問い合せください。テューター募集のサイトのフォームからもお申し込みいただけます。

コア英語教室の先生になるためには

自宅で教室を開く。

場所を借りて運営する。

直営校の講師になる。(空きがあった場合のみ)

の3タイプがあります。

また、塾や個人塾でコアの教授法を採用していただける方も大歓迎です。

会場にお越しいただけない場合でも日本国内でしたら様々に対応させていただきます。お問い合わせください。

テューター募集のサイトも是非ご覧ください。

コアで学び、一目置かれる存在に

2016 年 10 月 24 日 月曜日

あるベテランテューターが、「やっぱりコアの教え方は正しいと思った」という、コア卒業生のエピソードをご紹介します。

“小学生から通っていた生徒が、看護学校に進むので受験英語はいらないと、高1で教室をやめました。その子が看護学校に入り英語の授業が始まると、リーディングもリスニングも英訳もダントツにできるので、みんなから一目置かれて。学校側からもすっかり頼りにされて、母体の病院へ外国人が来ると、授業中でも「ちょっと通訳して」とその子にお呼びがかかるようになったそうです。コアで高1まで学んでいたら、当然のことですが(笑)。その子のお母さんが、よそのお母さんに「コアにはとても感謝しているのよ」と言っていたと人づてに伝わってきたことがありました。そんなときは本当にうれしい。そうやって英語力を生かしてワンステップ上へと自分の可能性を開いてくれたら本望です。”

本物の英語力をつけることで、子どもたちを自立と夢の実現へと導くコアテューター。卒業生の活躍を励みに、日々より良い英語教育を目指して指導にあたっています。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

渋谷本部校 冬期講習を実施します

2016 年 10 月 17 日 月曜日

渋谷本部校では、12/14(水)~1/14(土)に冬期講習を実施します。

少人数制の個別指導で、効果的な「音読」練習と、品詞と5文型で英文を精読する「語順訳」によるコアの学習法の成果を実感してください!

毎回人気の「3日間集中」は、4技能を伸ばし総合的な英語力をアップするコアのメソッドを集中的に学習し、今後の学習につなげます。また苦手分野の補強もご要望に応じてカリキュラムに組み入れます。

また、今冬は文法項目ごとの単元別講習を、内容と日にちを選択して組み合わせられるようにします。同じ講習を複数日設定することも可能なので、苦手克服に最適です。

ほかに、単語を効率よく覚え、ゲーム感覚のテスト形式で正しい発音、語彙力を身につける「単語暗唱会」や、近年重要度がますます高まっているライティングを学ぶ「英作文演習」、数学の個別指導など、14講座を開講予定。

4技能の習得が求められるこれからの時代にも、コア式ならしっかり対応できる英語力が身につきます。このチャンスに英語嫌いを克服しましょう!

詳細は近日中に渋谷本部校のページにアップします。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

和製英語にご注意!(その2)

2016 年 10 月 11 日 火曜日

CORE「English Library」“THIS AND THAT” 〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

使い分けに迷う英語表現、間違いやすい英語表現など、知っておくとちょっとためになる「英語のあれこれ」をお伝えしていきます。

和製英語にご注意!(その2)

ネイティヴスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第2弾です。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Kate: Hi, Hanako.  On your way home?

Hanako:  No, it was holiday.  I had albeit today at conbini.

Kate:  Albeit? Conbini? What do you mean?

 

albeit: 正しくは part-time job, temporary job

「アルバイト」はそもそもドイツ語のArbeitから来ています。意味は「仕事」「研究」「業績」で、日本語の「アルバイト」の意味ではありません。従ってネイティヴには通じません。

もし会社勤務なら full-time job/employment, regular job/employment といいます。その上でもし別の仕事をしている場合は side job, second job を使います。

Eg. I have a side/second job as a waiter.  I have a job on the side. ともいう。

ちなみに side business も和製英語ですので、ご注意を!

 

conbini: 正しくは convenience store. もしくは店名をいいましょう。

 

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

 

英検の仕組みが大きく変わりました!

2016 年 10 月 3 日 月曜日

今週末に2016年度第2回の1次試験が行われる英検。前回から仕組みが大きく変わったことをご存じですか?

以前の採点方法は、技能の種類に関係なく合計点が高ければ合格する可能性がありましたが、2016年度以降は4技能が試されるべく、各技能均等にスコアが配分され、バランスの良い英語力が求められるようになりました。

Reading満点、Listening満点、Writing0点の場合で比較してみると……

■準1級一次試験の場合

〈2015年度まで〉

(R)51/51 + (L)34/34 + (W) 0/14 = 85/99  (約86%)

→ 合格の目役7割を超えているので  → 合格

〈2016年度以降〉

(R)750/750 + (L)750/750 + (W) 0/750 = 1500/2250

→ 合格基準スコア1792を下回るので → 不合格

スコアは各回の全答案採点後、統計的手法IRT(Item Response Theory)を用いて算出しています。そのため受験者が自身の正答数からスコアを算出することはできなくなりました。

今回5級を受けた生徒のうち、一人は第1部、もう一人は第3部でそれぞれ1問づつ間違え、425満点中294点(−131点)でした。英検CSEスコアの担当者に確認したところ、同じ技能内の間違いの場合、どの問題なのかが重要ではなく、何問間違えたのかが得点を決めるそうですが、算出方法は非公開とのことでした。

新たに成績表に追加された「英検CSEスコア」によって英語力を以前よりも客観的に把握できるようになり、また他の資格(TOEFL/TOEIC/CEFRなど)と比較することも可能になりました。

また、「英検バンド」も成績表に新たに追加されました。Gは級を示し、Pとあれば、準(Pre)を意味します。例えばG1=1級、GP2=準2級となります。その右の「+1」「−1」の数値は、「合格ラインまでの距離」をわかりやすく示しています。数値が大きくなるにつれて合格に近いことを表しています。例えば、前回受験したときの英検バンドが「−3」で、今回の英検バンドが「−1」であれば、着実に合格ライン「0」へ近づいていることを示します。

コア英語教室渋谷本部校も、英検の準会場として、5級から準2級の1次試験を行います。受験する生徒たちは、日ごろから音読と語順訳で鍛えたリスニング力とスピーキング力で、合格を目指します!

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。