2017 年 8 月 のアーカイブ

英作への道3 ~be動詞と一般動詞~

2017 年 8 月 28 日 月曜日

be動詞と一般動詞の区別がついていないとか、その二つを一つの文の中で続けて使うなどということを生徒がするということを時々耳にします。be動詞は主語の状態をのべるもので、その訳語は「ある・いる・なる・です」。一般動詞はbe動詞と異なり動作や行為、行動を表す、あるいは「〜している」という状態を表す単語。日本語の動詞の場合は、その活用変化の形によってグループ分けはしますが、この二つのような種類分けはしません。動詞の性質が大きく二つに分けられているということを、まず強く意識しなければなりません。どう強く意識すればよいか。私は2階建ての家屋を想定すれば良いと考えます。1階はbe動詞。2階が一般動詞。2階は1階の後に作られます。何かあるモノ、ある人、あるコトが動作、行為、行動を起こすには、まず何よりも、そのあるモノ、ある人、あるコトが存在しなければなりません。この世界は、あるモノ、ある人、あるコトが「ある」「いる」「なる」ことで始まります。したがって、まずそれらを表す動詞beが1階部分として家を支えます。その上でさまざまな行為が起こりますから、一般動詞は2階にあたるのです。「あなたが好きです」をI am like you.は非文。二つの動詞の住んでいる世界が違うので、そのまま一緒には使えません。

日本語と英語の顕著な違いは、物主構文といった表現の世界だけではなく、品詞分類や特に述語部分の働きにもあると思われます。英語学習時には、日本語の特徴に引き寄せられないようにしないといけません。それが「物語」であり「音読」の世界であり、ネイティブとの自然な会話という環境です。否応無しに英語圏という引力の働く世界での経験がものを言うのです。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

和製英語にご注意!(その12)

2017 年 8 月 21 日 月曜日

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第12弾です。第8弾で「アップ」を使った和製英語をご紹介しましたので、今回は「ダウン」を取り上げてみました。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako:  I read some scandal on the Internet today about my favorite singer.  It’s a big image down for me.

Kate:  Umm…. I think I know what you want to say but ….  Anyway,  it could be just a rumor, and if so, we say, “A wonder lasts but nine days.”

イメージアップ・イメージダウン:印象を良くする/悪くする」と表現したいとき日本語で使いますが、これは和製英語です。そこでいくつか表現をご紹介しましょう。

The scandal has damaged/tarnished/hurt/impaired the image of my favorite singer. (私の好きな歌手、スキャンダルでイメージダウンになった。)

The scandal has earned him a bad reputation/impression./ He gained a bad reputation/impression from the scandal.(彼はスキャンダルで悪評を受けた。)

 

英語力を培う原動力

2017 年 8 月 7 日 月曜日

今年はコアライブラリー協会創立43周年にあたります。創立の1974年の出生人数は約200万人、今年は約100万人を切ったとか。この間にちょうど半分になりました。そしてあいかわらず中学生の半数は英語がわからないといいますから、もしかしたら、わかる生徒の数はそのまま昔の半分ということになりそうです。英検だTOEICだと騒いでいても、実数はとても貧しいのかもしれません。

英語には英語という言葉の歴史と表情があります。とにかく自然な英語の表現に触れ続けるということは、何にも増して大切なこと、英語力を培う原動力であると、さまざまな機会を捉えて伝え続けることが、43年もこの場所にいた者の責務だろうと、近頃強く思うようになりました。一行の詩句、物語の一場面が子どもたちの心に届いた時、三単現のSの知識よりもずっと英語の近くにいることは間違いありません。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。