2017 年 9 月 のアーカイブ

単語暗唱会 参加者の声

2017 年 9 月 25 日 月曜日

8月23日・24日の2日間、単語暗唱会が行われ、無事終了しました。
中学生も高校生も自分で設定した目標を目指して、熱気のこもった大会になりました。初日は午前から人数も多く、試験官の前にはテストを待つ列ができ、皆一丸となって単語学習に取り組みました。

tango

参加者の声(抜粋)
◆アクセントを意識して着実に読むことができた。前回より成長したと感じられて良かった。(高2)
◆発音やアクセントを間違えて覚えているところがあったのでもう一度確認しようと思いました。単語を覚えるのが苦手でしたが、少し自信がついた気がします。家でやるときもCDをよく聞いて覚えるようにしたいと思います。(高3)
◆目標は500までだったが、900まで行けて良かった。毎回受講する度に、シャドーイングは大事だと感じ、少しずつ覚える量も増えたように思う。(高1)
◆いつも単語を覚えるのに時間がかかってしまいますが、何回もやると慣れてきて、単語が覚えやすくなりました。暗唱会が始まるまで気が乗りませんでしたが、参加して良かったと思いました。(中3)
◆家で単語の練習をしているときよりも楽しく集中してできた。(中1)
◆本気で単語を覚えることができて、良かったと思う。発音の細かい見落としがちなところもきちんとチェックできた。(中2)

5時間×2日間という長丁場、全参加すれば疲れないはずはありませんが、やりきれば心地よい疲れと達成感を得られます。渋谷校では冬期講習でも単語暗唱会を実施予定です。次回もご期待ください!

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

英語の表現力が身につく4つのこと

2017 年 9 月 19 日 火曜日

与えられた日本文を英語に訳して書く、いわゆる英文和訳以外の英文を書くことを要求されるものを自由英作文と呼びます。大学入試や各種試験で問われる自由英作文でしっかり得点するためには、英語の表現力をつけることが肝要。そのためにすぐにやりたい4つのことをご紹介します。

1.文法項目に即した基本文の暗誦

文型、時制、態など、文法の項目に即した短文を徹底的に暗記する。日本文を見て即座に英文が言えることが大切。

2.英作文用の基本文の暗誦

教科書や参考書の基本文を、英作文の力をつけるという観点から練習する。物主構文など、日本人と英米人の観点の違いを理解することが大切。

無生物主語の構文を作る英語の代表的な動詞は約50あるので、例文として覚えておく。

3.自分の書いた英文を添削してもらう

英作文の練習をしても、自分の表現が文法的に正しいか、内容がはっきり理解できるかを、第三者に見てもらうことが必要。

4.常に「英作文マインド」を持つ

外国語を身につける基本は、何と言っても「語彙」です。多くの英文に接して語彙を増やすのは当然のことですが、単語集や熟語集はなるべく短期間で暗記してしまうことです。

自由英作文のジャンルは、国際関係、社会・政治、文化・芸術、科学、福祉・教育、経済、哲学と多岐にわたっていますから、日常的にいろいろなことに興味を持ち、同時に、「これを英語で表現するにはどう言えばよいのだろう」という「英作文マインド」を持てば大飛躍できます。和英辞書を調べることが日常の習慣になれば、語彙力も大きく伸びます。また、文型は動詞で決まるので、自動詞か他動詞かをしっかりと区別して覚えることも大切です。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

 

和製英語にご注意(その13)

2017 年 9 月 12 日 火曜日

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第13弾です。第12弾でimage downをご紹介しましたので、今回はcost downを取り上げてみました。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako:  Kate, our cultural festival is two months from now.

Kate:      What has your class decided to do this year?

Hanako: Yakisoba shop.

Kate:      Well, that’s nice!

Hanako: We want to cost down as much as we can.  We want to sell cheap.

 

cost down: 「費用を抑えること」とか「コストを下げる」という意味ですが、これは和製英語です。英語の場合、名詞としていうときは「reduction in costs」、「cost reduction」等、動詞としてなら「reduce costs」、「cut costs」、「cut down on costs」、「lower costs」等を使いましょう。

 

(n) We want to achieve cost reduction in order to sell at a low price.

(v) We want to (reduce/lower/cut costs; cut down on costs) as much as we can in order to sell at a low price.

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

第23回リトルアース*無事終了

2017 年 9 月 4 日 月曜日

8月9日、オールイングリッシュのデイキャンプ、リトルアースを実施しました。この夏最高気温を記録する猛暑の中、エアコンの効いた涼しい会場で、関東各地のコア英語教室から集まった中高生が英語漬けの一日を過ごしました♪

参加者はグループに分かれ、イングリッシュ・スタッフとセッションを行います。「Wikipedia」を文字って「LEpedia」と名付けたプレゼンテーションのアクティヴィティでは、セッションで収集したイングリッシュ・スタッフの情報を一人二文以上英作したものを、まとめて一枚のポスターに仕上げて、最後にグループ全員で発表します。

lepedia

オールイングリッシュの環境で外国人と出会い、1対1で会話し、自分の思いを伝え、英語が通じる喜びを感じてくれたことと思います。言葉としての英語を自然な形で使う場「リトルアース」。精一杯英語で話した経験はきっとこれからの学習にも役立つことでしょう。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。