Archive for the ‘“THIS AND THAT”’ Category

和製英語にご注意!(その16)

2017 年 12 月 12 日 火曜日

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第16弾です。今回は和製英語ではありませんが、表現として古いので一般的に使われている表現を学びましょう。また、関連事項も一緒にご紹介します。

 

Hanako:  Kate, look at this!  I bought this muffler yesterday at Marui.  I wanted it so much!

Kate:  It looks really nice.  You look good in pink.

Hanako:  Thank you.  And Kate, it was for sale!

 

muffler: 英語のmufflerには、「マフラー」の意味はありますが、古臭い英語のため「scarf」を使いましょう。「マフラーをする」= 動詞はwearを使って「wear a scarf」となります。

for sale: for sale」と「on sale」、どちらも「販売中」という意味ですが、「〜を安く買った、特売で」と言いたいときは「on sale」を使いましょう。

また、辞書によると(主に個人による)売り物の場合は for、(店による)商品を販売する場合は onと違いが明記されています。

Example:  I have some old clothes for sale.(古着を売っています。)

That house is for sale.(あの家は売りに出ています。)

Example:  Tickets are now on sale.(チケットは現在販売中です。)

Eggs are on sale this week.(卵は今週特売です。)

 

余談ですが……こんな看板見かけたことありますか。

blogxx-salepic

さあ、写真の下2行で何かがおかしいのですが、お分かりですか。

英語の基本構造がお分かりのあなたならこんな間違いはしませんよね。

正解は、「動詞の後に目的語が来る」です。従って「1 BUY」、「2 BUY」ではなく、「BUY 1」、「BUY 2」が正しい語順となります。もっといえば、「BUY 1 GET 10%OFF」とするのがより明確な英語表現となります。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

 

和製英語にご注意!(その15)

2017 年 11 月 13 日 月曜日

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第15弾です。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

Kate:   Hi, Hanako.  On your way home?

Hanako:  Yes, my club activity finished and I went to convenience store.

Kate:  And I can see you got something to eat!

Hanako:  Yes, I love this!  This is an American dog! I also bought this pet bottle.  It’s  lemon tea.

Kate: Good for you, but I think you need to study English just a little bit harder, Hanako.

0-16

American dog: コーンドッグ(corn dog)。発祥国はアメリカ。小麦粉を使う日本とは違って本場ではコーンミール(トウモロコシの粉)を原料としたコーンブレッドの生地を使うため、この名で呼ばれています。

PET bottle: つい言ってしまいそうな表現ですが、一般的にはplastic bottleと言いましょう。

ちなみにPETは、ペットボトルの素材である樹脂「polyethylene terephthalate」(ポリエチレンテレフタレート)の略語です。

lemon tea: tea with lemonが正解。同様にミルクティーはtea with milkとなります。従って次の質問を英訳するとこうなります。

「ミルクティーかレモンティー、どちらにいたしますか。」

「Would you like your tea with milk or with lemon?」

 

ちなみに花子の最初の英文、正しくは「Yes, I finished my club activity and I went to a convenience store.」です。

 

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

 

和製英語にご注意!(その14)

2017 年 10 月 10 日 火曜日

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第14弾です。今回はカタカナ語の意味と英語の意味がずれているものもご紹介します。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako:  This poster was in the mailbox this morning.  A new bakery will open this Sunday!

Kate:      That’s nice!  That’s one of the places we miss in our neighborhood.

Hanako: Look!  They have a homepage.

Kate:      Good.  Does it say what time they’ll open on Sunday?

Hanako: No, it doesn’t.  But they have free dial.  I’ll call later and find out.

Kate:      Thanks, Hanako!

 

poster: 小さなヒラや広告チラシを指すときは、「flyer/flier」を使いましょう。「poster」は大きな紙、絵、写真等で貼り出すものをいいます。

homepage:ウェブサイト全体を指すこともありますが、本来ウェブサイトのトップページ(web page, homeとも言う)を指すもので、英語ではwebsiteを使う方が良いでしょう。

Example: For more information, please visit our website.

free dial: 「 フリーダイヤル」は和製英語です。アメリカの場合なら「toll-free number」と呼ばれていて800番台で始まるため、eight hundred number、あるいは頭に ”1” がついて、one eight hundred numberと呼ばれることもあります。

Example: Please call us toll free at 1-800-123-9148.

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

 

和製英語にご注意(その13)

2017 年 9 月 12 日 火曜日

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第13弾です。第12弾でimage downをご紹介しましたので、今回はcost downを取り上げてみました。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako:  Kate, our cultural festival is two months from now.

Kate:      What has your class decided to do this year?

Hanako: Yakisoba shop.

Kate:      Well, that’s nice!

Hanako: We want to cost down as much as we can.  We want to sell cheap.

 

cost down: 「費用を抑えること」とか「コストを下げる」という意味ですが、これは和製英語です。英語の場合、名詞としていうときは「reduction in costs」、「cost reduction」等、動詞としてなら「reduce costs」、「cut costs」、「cut down on costs」、「lower costs」等を使いましょう。

 

(n) We want to achieve cost reduction in order to sell at a low price.

(v) We want to (reduce/lower/cut costs; cut down on costs) as much as we can in order to sell at a low price.

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

和製英語にご注意!(その12)

2017 年 8 月 21 日 月曜日

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第12弾です。第8弾で「アップ」を使った和製英語をご紹介しましたので、今回は「ダウン」を取り上げてみました。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako:  I read some scandal on the Internet today about my favorite singer.  It’s a big image down for me.

Kate:  Umm…. I think I know what you want to say but ….  Anyway,  it could be just a rumor, and if so, we say, “A wonder lasts but nine days.”

イメージアップ・イメージダウン:印象を良くする/悪くする」と表現したいとき日本語で使いますが、これは和製英語です。そこでいくつか表現をご紹介しましょう。

The scandal has damaged/tarnished/hurt/impaired the image of my favorite singer. (私の好きな歌手、スキャンダルでイメージダウンになった。)

The scandal has earned him a bad reputation/impression./ He gained a bad reputation/impression from the scandal.(彼はスキャンダルで悪評を受けた。)

 

和製英語にご注意!(その11)

2017 年 7 月 10 日 月曜日

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

 ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第11弾です。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako:  Kate, please look at these seals!  They are cute!  I bought them at 100 yen shop.

Kate:  Yes, Hanako, but I think you want to say stickers.

Hanako:  Eh???

 

日本語で「シール」と言うと、シート状のものに何枚も付いていて、はがして貼るもの、を想像しますよね。英語で同じものを指す場合、「seal」ではなく「sticker」と言いましょう。
英語の「seal」は、主に文書などの真正性を保証する標章、紋章などを意味して、印鑑、はんこ、印影、印形などもsealの範疇に含まれます。

「sticker」の動詞「stick」は「くっつく、貼る、くっつける」などの意味があり、それに「er」がついて、「貼り付くもの」といった本来の意味があるので、英語ではstickerと言う方が通じます。

例:I like to put stickers all over my schedule book.

(私は手帳のあちこちにシールを貼り付けるのが好きです。)
 

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

和製英語にご注意!(その10)

2017 年 6 月 12 日 月曜日

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

 ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第10弾です。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako:  Kate, that is a beautiful dress!

Kate:  Oh, thank you, Hanako.

Hanako:  It’s so cute!  Kate, you have good style and very good sense!

 

花子はこういいたかったのでしょう。そのドレス、とてもカワイイ!ケートさんはとてもスタイルがいいし、服装のセンスも本当にいい!

 

have good styleですが、人の姿を表わしたいときはfigureを使います。従って “Kate, you have a good/pretty figure.”となります。She has a good styleは「彼女はいい文体の文章を書く」という意味になりますので、要注意。

 

次に「服装のセンスがいい」は、you have good dress/fashion/clothes sense, you are stylish, you have good taste in clothes, you are well-dressedなどを使いましょう。

ちなみに「趣味がいい/悪い」はhave good/bad tasteです。

 

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

 

和製英語にご注意!(その9)

2017 年 5 月 8 日 月曜日

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第9弾です。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako:              Kate, I want to learn how to speak English better.  Can you teach me man-to-man?

Kate:     Man-to-man???????  Mmmmm… Let me think…..

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

man-to-man日本語では、「マンツーマンレッスン」は「一対一」や「一人に一人が対応する」という意味で使われることがありますが、正しくは、「one to one」「one on one」または「private lesson」を使いましょう。

ただし、man to manという表現は実際存在します。状況によって「一対一」「率直に」という意味があり、次のようなときに使います。

1)スポーツ(特にバスケットボール)で一対一でのディフェンス(man-to-man defense)、

2)男同士一対一で腹を割って話し合うとき(man-to-man talk)

 

ハイフンが入る・入らないは、表現の後に名詞がくるか・こないかで使い分けます。“Please teach me one to one.”  / “I prefer  one-to-one lesson.”

 

このハイフンのルールは、こんなときも適用します。

I may look old but I’m only 20 years old.

I may look young but I have a 20-year-old son.

和製英語にご注意!(その8)

2017 年 4 月 10 日 月曜日

CORE「English Library」 “THIS AND THAT”

〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

ネイティブスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第8弾です。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako:              I need to study harder to pass the Eiken test.  Eiken Pre-1 test is very difficult.

Kate:     Remember Hanako, practice makes perfect!

Hanako: Maybe next time I can pass. But I have to power up my English more.

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

power up: 「パワーアップする」と言いたいのでしょうが、これは和製英語。英語で “power up”というと、この場合のパワーは「電源・電力」などを意味して、「電源を入れ動作させる」という意味になります。 “Please wait a few minutes while my computer is powered up.”

では、「パワーアップする」をどのように英訳すれば良いのか、そのカギは目的語にあります。目的語が動詞を決定づけていきます。

  • 英語をパワーアップする “improve one’s English”
  • エンジン馬力を…  “raise the power of the engine”、“soup up the engine”
  • 自信、モラルを…  “boost one’s confidence”
  • 技術を…      “develop one’s skills”  など。

ちなみに、ゲームキャラを…  は “make the characters more powerful”

日本語では、この「アップ」を動詞化して良く使いますよね。例えば①動画・写真をアップする、②レベルアップする、③バージョンアップする、④会話力をアップする、⑤筋力アップする、⑥モンスターの捕獲率をアップする、⑦FBをアップする(更新する)⑧リストアップする、⑨イメージアップする、など。それぞれ使う動詞は次のとおりとなります。

①upload ②raise/boost  ③upgrade  ④improve  ⑤ build ⑥increase (trapping rate)  ⑦update ⑧ list⑨bolster

和製英語にご注意!(その7)

2017 年 3 月 13 日 月曜日

 CORE「English Library」“THIS AND THAT” 〜英語のあれこれ!〜 ご紹介します。

ネイティヴスピーカーにそのまま言っても通じない和製英語の第7弾です。正しい英語表現をしっかり学びましょう。

 

大学受験生の花子とお隣に住むアメリカ人のKateさんとの会話:

Hanako: Let me tell you about my classmate Mio.

Kate: What is it?

Hanako: Mio was high tension this morning. The other day, we took the Eiken Pre-1 test together and she passed!  I couldn’t pass.  It was very difficult for me.

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

high tension:「テンションが高い」と言いたいのでしょうが、これは和製英語です。

興奮した様子、やる気満々・ノリノリの人である、と表現したいときは気をつけましょう。この表現は実際英語に存在しますが、違う意味になります。”tension”とは緊張・不安・圧力という意味がありますが、”high tension” = 「高電圧」という意味になるので、「今朝美緒は高電圧ね!」となってしまいます。

では、「ハイテンション」はどう英語で表現すればよいのか、いくつかご紹介しましょう。

  • excited(ワクワク感を持って)興奮している状態

        (Mio was excited to tell everyone the good news about her test result.)

  • hyper (非常に・異常に元気で)興奮している状態

        (Mio was hyper all day. She couldn’t stop but tell everyone about her test result.)

  • energetic勢力的な・活発な

        (Mio was so energetic this morning, but now she’s quiet.)

 

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。