精読と速読

いわゆる、作品全体そしていくつかの段落、文章群、個々の文、これらの相互の関連がわかり始めると、訳は決まった形では収まらなくなり、英語そのものに近づき始めると言えるでしょう。直訳して日本語の文にすることから、自然でこなれた日本語への翻訳をすればよいという考えもあるかもしれませんが、翻訳は翻訳で訳者の選択した独自の文体で全体を統一することが要請されますから、ここでは翻訳とは言わずに、直接的に意味をつかむ訓練ということにしておきます。これはいわゆる精読にほかなりません。
総合問題と言われるものやテストの長文問題では、個々の語句の意味、熟語、文法の知識も必要ですが、作品全体の意味把握と各段落の関係、いわゆる全体と部分との関連を読み取ることが重要になります。読み始めたときは、たしかに部分にしか出会っていないですが、同時並行的にどのような「全体」になっていこうとしているかを見極める必要があります。その時に求められるのは読む速さです。

速読というのは、語彙力、文法力と翻訳力(全体把握力)の総合化と言えます。私たちが語順訳を通して培いたいのは、この翻訳する力=問われれば、自分の言葉に直せる力だと言えるでしょう。言い換えれば、英文の意味を英文から直接受け止める力です。英語を理解するために否応なしに日本語を介在させ、日本語の文にまでする語順訳は、いわば無重力の宇宙へ旅立たせるためのロケットエンジンの役割です。英語の語順に沿って意味をつかむ訓練は、文法の力というエンジンを借りながら進まざるをえませんが、最後はそこから別れる場所に行き着きたいわけです。語順に沿って日本語文に変えるのではなく、語順に沿い、返り読みをしないで、そのまま文の意味としてまとめることのできる速読力が目標となります。

語順訳に初めてとりかかったときから、いつもこうした最終形を念頭に置き、たえずその先の段階へと導くことが、語順訳に対して緊張感を生み出すでしょう。

 

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。