考える力を伸ばす「語順訳と音読」

「語順訳と音読」学習は、ただ英語の知識を増やすのに役立っているのではなく、その学習過程そのものが子どもたちの考える力を伸ばします。先生とのやり取りのなかで、そもそも自分からものを学ぶとはどういうことか、ということに直面し、自力をつけていきます。文科省が言うところの、英日の違いに向き合うことを通して、日本語そのものについての知見も育ち、そもそもコミュニケートするとはどういうことかも感じ取れるようになっていると思います。そのことに気づき、かつ努力を惜しまない生徒は、さまざまな英語表現との出会いと音読の積み重ねで、かなり高度な英語力を得るようになると思われます。

ところで「教科書が読めない」ということは、別の方向から見れば「教科書を読まない」と言えますし、「自分から学習しない」は「やりたいことがほかにある」とも考えられます。私には「令和」という時代は、「子どもとは何か」ということが真剣に問われなければならない時代であると思います。

新しい時代の教育がどのようなものであり得るのか、粘り強く考え続けてみようというところでしょうか。

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。