語順訳、その先

コア式語順訳では、訳ルールを使用し、主語や述語動詞、目的語に注意を向けさせます。
「を」や「に」がつくから「目的語」ではなく、英語の目的語を訳す場合は「を」や「に」がつくというのが本筋ですが、ややもすれば、日本語にそれらがついたものはすべて目的語であると錯覚することも生徒によっては起こりえます。日本語の格助詞「を」「に」にはいろいろな働きがありますから、英日でイコールとはいきません。
また目的語という語を覚えるだけでなく、英文を口にしたとき、そこに何かが収まらないと変だという感覚の成長も同時に育てていきます。これらの要素が一定の語順のもとでそれぞれの機能を発揮して、ある意味をなす文になる。そのことが、知識としてわかっているだけでなく、英語を口にしたときにその規則に沿っているという感覚も得られるほど、音読で繰り返し声に出すということが重要なのです。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。