Archive for the ‘渋谷本部校’ Category

3/9(月)~4/4(土)コア英語教室渋谷校春期講習

2020 年 3 月 6 日 金曜日

3/9(月)~4/4(土)コア英語教室渋谷校春期講習

内部生は全日程を通常授業、振替授業、オーダーメイド講習として受講いただけます。

外部生はオーダーメイド講習として受講いただけます。

無料体験レッスンも随時受付中です。

2020年春・TOEIC・TOEIC Bridge

2020 年 2 月 5 日 水曜日

コア英語教室では、毎春、TOEICの団体特別研制度(IPテスト)を利用してTOEICとTOEIC Bridgeを実施しています。

TOEICとTOEIC Bridgeは、国際ビジネスコミュニケーション協会が50か国で実施する、英語のコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。学校の定期テストや英検では把握しにくい総合的な英語力が、客観的なスコアでチェックできるので、目標をもって学習する生徒には大変好評です。コアでは、TOEICを高校生で英検2級取得程度の生徒から、TOEIC Bridgeを中2以上英検3級取得程度の生徒から勧めており、例年全国平均を上回る結果を出しています。去年の結果はこちら

渋谷本部校ではコア生を対象に3/14(土)に導入講座を、3/28(土)、30(月)、31(火)に試験を行います。

あなたもコアで学んでみませんか。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

冬季休業日のお知らせ

2019 年 12 月 23 日 月曜日

誠に勝手ながら、12/28(土)~1/5(日)は冬季休業とさせていただき、年明けは1/6(月)より営業いたします。

上記期間中にEメールでいただきましたお問い合わせにつきましては、1/6(月)より順次対応させていただきますので、予めご了承くださいませ。

ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

渋谷本部校は、12/20(金)~1/18(土)に冬期講習を実施します。冬期講習、通常授業ともに1/6(月)より再開します。新学期が始まる前にしっかり準備しましょう。

(渋谷本部校0120-86-4886 平日午前10時〜午後7時)

言葉を育てて英語を会得

2019 年 12 月 16 日 月曜日

作品を読み、その世界を想像するということは、語り手や登場人物たちの生活環境や生活感覚に自分の身を置いてみる試みになります。そしてその背景に見え隠れする著者についても考えることになります。そのためには読者として今読んでいるという、現在という時間と場所から離れ、作品世界の時間と場所に向き合う試みをしなければなりません。離れることができた時、はじめて今度は自分がその話の聞き手という当事者に成り代わることができるわけです。

この想像力は人さまざま、経験や知識によって異なります。逆に言えば、想像力があまり働かず、文字面を見ているだけでは、言葉の表現の特徴も特徴として浮かび上がってこないでしょう。易しい文章も凝った文章も、あるいはひねった表現も同一に映るでしょう。つまり想像することが困難な多くの生徒にとって、訳し、読解するとはどういうことなのか。語順訳の中で、文の要素、文型、構文などを繰り返し確認させても、それ自体では希薄な知識の積み重ねにしかなりません。それらを踏まえて、スラッシュごとの意味確認と音読、あるいは意味を思いながら文を通して読むことを繰り返し行うことで肉付けされると言えるでしょう。そしてその意味の深さは想像力によって生まれます。その想像力が貧弱であっても、繰り返し音読すれば英語から直接伝わってくるものを幾分かはキャッチできるはずです。まして意味をわかった上での音読は、反復するたびに場面は生き生きとしてきて、鮮明になるでしょう。語順訳を終えたところからが本当のスタートと言ってもいいのです。

想像力によって言葉は育ちます。また育った言葉に応じて想像力が膨らみます。英語を使い表現する人たちは、文の意味だけを伝えたいわけではありません。その背後にある人との関わり方や、人間という存在について、そしてものの捉え方の醍醐味こそ伝えたいわけです。そして言葉が豊かになった子どもたちが、英語を会得していくのだと思います。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

リトルアース2019 無事終了

2019 年 12 月 2 日 月曜日

第25回リトルアースは10月27日(日)、午前11時半〜午後5時、渋谷本部校7階の教室で行い、無事終了しました。

今回の特徴は何といっても参加者の人数にあります。少人数のためダイナミックな感じはなく、むしろ静かに、丁寧に、なおかつゆっくりとお互い確認しながら進行する感じの空気感でした。人数が少ないことでひとりにかける時間をしっかり取れましたし、ひとりひとり発信するチャンスを多く提供できたと思います。また、少ない人数ですと日本語に逃げる隙も少なく、文字通り一日英語漬けで休み無く英語のシャワーを浴びている状況がつづき、さぞかし生徒の脳は疲れたと思います。ですが、正にLEで経験させたかった脳運動でしたので大きな刺激になったと思います。

参加者はそれぞれに刺激を受けながら今持っている英語力を出し切ったと思います。その結果、コミュニケーションに必要なリスニング力、単語力、英作力、表現力など、今自分がどの程度のレベルなのかをひとりひとりが確認できたのであれば、LEは目的を果たし大成功だったと思います。

<生徒の感想>
*始めは文をつくるのに時間がかかってしまって難しかったけど、だんだん文作りに体が慣れた感覚があった。
*今まで思っていた発音と本当の発音が違うものがほとんどでとても衝撃を受けた。そして和製英語に気をつけて話さなければならないことを実感した。
*自分の言葉で相手に発信するということがまだできないので、しっかり勉強したいし、ホームステイにも行ってみたいと思った。
*間違えているかも知れない英文を恥らになく話せるようになった。英語を話す上で大切なのは英文の正確さや発音などではなく、英語を話し伝えることだと思った。
*もっと勉強して楽しく会話ができるようになりたいと思った。

などの感想をいただきました。

興味を持ってくださった方、来年のリトルアースをお楽しみに!

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

渋谷本部校 冬期講習のお知らせ

2019 年 11 月 25 日 月曜日

渋谷本部校では、12/20(金)~1/18(土)に冬期講習を実施します。

少人数制の個別指導で、効果的な「音読」練習と、品詞と5文型で英文を精読する「語順訳」によるコアの学習法の成果を実感してください!

外部生対象の「語順訳集中オーダーメイド講習」は、4技能を伸ばし総合的な英語力をアップするコアのメソッドを集中的に学習し、今後の学習につなげます。定員3名の超少人数で3コマ以上集中して学習することで、実力を飛躍的に伸ばすチャンスです!!

また、単元と日程が自由に選べる「苦手克服文法講習」は、同じ単元を複数日設定することも可能なので、苦手克服に最適です。

ほかに、単語を効率よく覚え、ゲーム感覚のテスト形式で正しい発音、語彙力を身につける「単語暗唱会」や、近年重要度がますます高まっているライティングを学ぶ「英作文演習」、数学の個別指導などを開講。

4技能の習得が求められるこれからの時代にも、コア式ならしっかり対応できる英語力が身につきます。このチャンスに英語嫌いを克服しましょう!

詳細はこちらをご覧ください。

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

想像力で文章をつかむ 

2019 年 11 月 13 日 水曜日

オバマ氏の演説で語られているアメリカの史実を知識として、仮にすべて知っていたとしても、彼の心やアメリカ国民が感じ取っているものに触れることはできません。ただ想像力を駆使して理解しようと努力するしかありません。そして想像力とは、全体をつかむ力であると言えるでしょう。

言葉は意味だけではなく、言葉に至らず、胸のうちに沈黙としてあるものをも伝える場合があります。著者にとって想定された読者に対して、話し手にとっての聞き手に対して、あらかじめお互いに共有していると思われることを、著者は書きませんし、話し手は言葉にしません。日本語の訳にこだわらず、沈黙として表に出てこないものもつかむためには、全体をより深く理解することが重要であると言えるでしょう。

入試などを見据え、応急処置的にたくさんの問題に触れさせ、知識を増やすことは必要ではあるのですが、並行してこうした精読、全体を読み解く力、紙背に目を向ける想像力も養成し続けたいものです。英語力をつけるということは、知識としての力、感覚としての力に加え、真のコミュニケーションとは何かを考える力を育てることでもあります。

つまり、知識・感覚(経験)・想像力は三つそろってはじめてそれぞれの効力が機能するのだと考えられます。作品を通して作者が何を言いたいのかを深く考えることが、同時に知識を育てますし、書かれたことに対して考える力が生徒の成長を促すでしょう。他者の言葉を理解するということは、自分の中の言葉を育てることに他なりません。自分と無関係な知識を暗記しても力はつかないと言えるでしょう。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

精読と速読

2019 年 10 月 30 日 水曜日

いわゆる、作品全体そしていくつかの段落、文章群、個々の文、これらの相互の関連がわかり始めると、訳は決まった形では収まらなくなり、英語そのものに近づき始めると言えるでしょう。直訳して日本語の文にすることから、自然でこなれた日本語への翻訳をすればよいという考えもあるかもしれませんが、翻訳は翻訳で訳者の選択した独自の文体で全体を統一することが要請されますから、ここでは翻訳とは言わずに、直接的に意味をつかむ訓練ということにしておきます。これはいわゆる精読にほかなりません。
総合問題と言われるものやテストの長文問題では、個々の語句の意味、熟語、文法の知識も必要ですが、作品全体の意味把握と各段落の関係、いわゆる全体と部分との関連を読み取ることが重要になります。読み始めたときは、たしかに部分にしか出会っていないですが、同時並行的にどのような「全体」になっていこうとしているかを見極める必要があります。その時に求められるのは読む速さです。

速読というのは、語彙力、文法力と翻訳力(全体把握力)の総合化と言えます。私たちが語順訳を通して培いたいのは、この翻訳する力=問われれば、自分の言葉に直せる力だと言えるでしょう。言い換えれば、英文の意味を英文から直接受け止める力です。英語を理解するために否応なしに日本語を介在させ、日本語の文にまでする語順訳は、いわば無重力の宇宙へ旅立たせるためのロケットエンジンの役割です。英語の語順に沿って意味をつかむ訓練は、文法の力というエンジンを借りながら進まざるをえませんが、最後はそこから別れる場所に行き着きたいわけです。語順に沿って日本語文に変えるのではなく、語順に沿い、返り読みをしないで、そのまま文の意味としてまとめることのできる速読力が目標となります。

語順訳に初めてとりかかったときから、いつもこうした最終形を念頭に置き、たえずその先の段階へと導くことが、語順訳に対して緊張感を生み出すでしょう。

 

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

語順訳、その先

2019 年 10 月 23 日 水曜日

コア式語順訳では、訳ルールを使用し、主語や述語動詞、目的語に注意を向けさせます。
「を」や「に」がつくから「目的語」ではなく、英語の目的語を訳す場合は「を」や「に」がつくというのが本筋ですが、ややもすれば、日本語にそれらがついたものはすべて目的語であると錯覚することも生徒によっては起こりえます。日本語の格助詞「を」「に」にはいろいろな働きがありますから、英日でイコールとはいきません。
また目的語という語を覚えるだけでなく、英文を口にしたとき、そこに何かが収まらないと変だという感覚の成長も同時に育てていきます。これらの要素が一定の語順のもとでそれぞれの機能を発揮して、ある意味をなす文になる。そのことが、知識としてわかっているだけでなく、英語を口にしたときにその規則に沿っているという感覚も得られるほど、音読で繰り返し声に出すということが重要なのです。

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。

リトルアース 2018参加者の声

2019 年 10 月 16 日 水曜日

中高生のための英語デイキャンプ、『リトルアース in Tokyo』、今秋の開催は10/27(日)、申し込み締め切りが迫っています。

参加を迷われている方は、昨年の参加者の声をご覧の上、ぜひご検討ください。

*英語を話すのが楽しいと感じた(中1)
*会話ってこんな感じで話すということがわかった(中1)
*外国人の話し方とか単語のどこを強く発音するのかがよくわかりました(中1)
*日本とアメリカの文化の差がよくわかった(中2)
*1日英語漬けで、外国みたいだった(中3)
*こんなに英語をしゃべったのは始めてで、母語のようにスラスラしゃべれるようになりたいととても強く感じた(高1)
*英語のコミュニケーション力が少しついた(高2)
*全てのアクティヴィティーが楽しかった(高2)
*英語に対する不安感がなくなった(高2)
*リスニング力がついた(高2)

 

 

各教室でモデルレッスンを行っています。お気軽にお問い合わせください。